無邪気な心

2015/09/01 07:00

 身も心も飛ぶように軽くて、すべてが輝いて見えたころ。悩みもなく、心配も恐れもなく、毎日が冒険と好奇心でいっぱいの頃。そんな無邪気な子供時代に、心だけでも戻ってみませんか。

 無邪気は、気取りがなく、自然体で、素朴な心です。無邪気は、せっかちでもなく、焦りを知らず、静かに生活を楽しみます。無邪気は、生まれつきの純真さであり、最も美しい心です。

 しかし、人間は、いつから無邪気さを失ってしまうのでしょうか。自分を防御することに長け、いわゆる「ずる賢い」人間になっていきます。さまざまな観念が頭に形成されてしまえば、本当の自分を失ってしまうことになります。

 無邪気な人は、物欲に淡泊で、富貴栄華を雲煙過眼(うんえんかがん)として考えます。無邪気な人は、世故に通じず、権謀術数に巻き込まれません。尊卑の観念が少ないのです。無邪気な心は、辛さや焦りがありません。

 無邪気になれば、自由自在の安らぎを得られます。名利に淡泊なので、どんなことにも辛抱強くなれます。無邪気さは浅はかだと言う人もいます。しかし、無邪気な人は世間の波に従わないので、ストレスが溜まるとこもなく、ため息が出ることもありません。

 無邪気は無知だという人もいます。しかし、無邪気な人は、誰にも阻まれません。無邪気な人は苦労を厭わないので、真理を探究し、文明を創造しました。無邪気な目こそ、真理を見つけることができます。無邪気な心がなければ、何世紀にもわたって人々を感動させるような、美しい歌も、音楽も、文章も出来上がりません。無邪気な人を嫌う人がいるでしょうか?無邪気な人の目はキラキラと輝き、純粋で美しいのです。

(翻訳編集・知行)

関連記事
注目記事
^