海外の検閲回避サービスがふさがれる 中国当局、「金盾」より強化

2015/09/08 14:36

 中国当局はネットの監視をより強化している。人気の高い海外の検閲回避サービスは、官製ファイアーウォール「金盾」でふさぎ、国内の開発サイトは警察の圧力で閉鎖させた。9月3日に「抗日戦争勝利記念70周年大会」が行われ、国内の世論が敏感であることがうかがえる。

 ネット制限を越え自由に情報交換できる技術「VPN」サービスを提供していた豪州企業Astrillの中国国内ユーザーは、同サービスで「金盾」を突破することができなくなった。Astrillは、更なる規制をかいくぐるために新バージョンの開発に取り組んでいた。

 また、当局にとって「敏感」な時期である記念行事の数日前、米国のコード共有サイトGitHubが、中国が発信源とみられるサービス妨害(DDoS攻撃)を受けた。その1週間前には、「金盾」回避方法を探る中国国内のサイトが、警察の圧力により閉鎖された。

 習近平政権は2014年12月、国内ネット検閲の強化を発表しており、最近の取り締まりもその一環と見られる。

 厳しさを増す中国当局のネット検閲とファイアーウォールは、これを突破するための海外発サービスを生み出した。「自由の門(FreeGate)」や「UltraSurf」は、在外中国人により開発された。

(翻訳編集・佐渡 道世)

関連記事
注目記事
^