【医学古今】悪夢に効く足の指先のツボ

2015/10/14 07:00

 鍼灸院ではたまに、怖い夢を見るために安眠できないという患者さんに出会います。そういった場合によく使うツボは、隠白(いんぱく)と厲兌(れいだ)です。

 隠白は足の太陰脾経のツボで、足の親指内側の爪甲根部の角から2ミリのところにあります。厲兌は足の陽明胃経のツボで、足の第2指外側の爪甲根部の角から2ミリのところにあります。この二つのツボの位置や所属する経絡は、悪夢とはあまり関係が無いように思えますが、実際、非常に効果的です。私も数回使ってみましたが、すべて良い効果が得られました。

 鍼治療を施せない場合でも、毎晩寝る前にこのツボのあたりをマッサージすると同様の効果が得られるそうです。悪夢にうなされて安眠できない…。このような症状がある方はぜひ試してみてください。

(漢方医師・甄 立学)

関連記事
注目記事
^