修煉と健康

「人類の本質にかかわる」「80歳で20年病気知らず」 転法輪で得たもの

2015/11/05 07:00

 法輪大法の修煉交流会が10月16日、アメリカ・ロサンゼルスのコンベンションセンターで開かれ、世界中から4500人以上の法輪功学習者が集まった。

 これにあわせて、法輪功の書籍をそろえる専門店「天梯書店」のブースが置かれ、30ケ国語以上の関連書籍がならんだ。世界各国から集まった学習者たちは、それぞれ指導者・李洪志氏の著書や、気功動作のときに流す煉功音楽を買い求めた。

 修煉について、大紀元は学習者たちに体験を聞いた。

 ロサンゼルスからの青年 「全人類の本質にかかわる内容」 

 「法輪功の本は、より高い次元で善悪の判断基準を示すだけでなく、より善良な人間になりたいと思わせる不思議な力がある。人の道徳水準を昇華させる」

 ロサンゼルスから来たペリー・ウズノグルさんが、はじめて法輪功の指導書『転法輪』を読んだ時に感じたことを語った。現在、カリフォルニア州の芸術学校・飛天芸術学院に勤めている。

 2008年に『真善忍国際美術展』を見て、伝統芸術の素晴らしさを知り、法輪功を修煉し始めた。もともと中国の伝統文化に興味があったペリーさんは、どうすればもっと善良になり、人の役に立つことができるのかを考えていた。

 ヨガや太極拳、武術等を習ったが、法輪功を見つけた時、全ての問題を解決することができたという。本のなかには「人類の本質に関係する全てのこと、そして先史文明や超能力、気功の現象」なども書かれており、長年の疑問も全て解決できたと喜びの気持ちを語った。

元クリスチャンのサンチェスアルバレスさん一家

 メキシコからの元クリスチャン一家 法輪功、ずっと探していた道

「小さい頃、私たち家族は修める道を探していたが、なかなか見つからなかった。法輪功は健康な体を得られるだけでなく、宇宙の特性『真、善、忍』にそって心性を向上させることができる」と元キリスト教牧師ジョセ・ルイズ・サンチェスアルバレスさんは語った。

また、小さい頃からの縁について触れた。「幼いころ、何気なく描いていたイラストがある。5年前、初めて『転法輪』を読んだ時、なかにある法輪の図を見て、昔描いていた図だと気づき、すぐに修煉を始めた」という。

 天津の少女 幼い頃から両親と修煉

扶揺さんは幼い頃、毎晩、両親と『転法輪』を読んでいた。毎回読むごとに「修煉」とは何かを知った。しかし、中国共産党による法輪功への迫害が始まってから、両親は信仰を捨てなかったため拘禁された。

扶揺さんは周りに流されることなく「真、善、忍」に則り、修煉し続けた。まわりの友達も何か悩みがあると、彼女に相談にくるほど信頼が厚いという。

自由な環境に感動し、堂々と修煉できると
語る扶揺さん(明慧ネット)
 

 中国共産党は全部ウソだと気付く

 米国に来たばかりの万怡園さんは、初めてニューヨーク・セントラルパークで他の学習者と一緒に煉功をした際、自由な環境で正々堂々と煉功出来ることに感激し、涙を流した。

 「天梯書店」のブースで、世界各地から集まった法輪功学習者が大法の書籍を求める姿、そして大法の素晴らしさを再確認し、「心から感激した」と述べた。

 幼い頃、体の弱かった万さんは、修煉を始めた。すると心身ともに健康となった。中学生の頃、常に成績が上位3位以内だった怡園さんだったが、高校に入ると優秀な生徒が多く、成績は下がった。名利を求める心から、精神的に追い込まれた。

 その後、『転法輪』を通して、自分と社会に対して責任を持って努めることが大事であり、どの大学に入るかは重要ではないと考えるようになった。すると、プレッシャーからも解放され、身体も良くなった。

 大学生の時、身体の新陳代謝が悪くなり、体調を崩した。「特別な治療方法はない」と病院でいわれたが、精神を落ち着かせることが重要だと考え、いっそう修煉にはげんだ。やがて健康を回復したという。

 80歳の高齢者 20年間医者いらず

生き生きとしている80歳を超える
楊さん(明慧ネット)

 ​姿勢が正しく、はつらつとし、笑顔を振りまいていた80歳の楊さんは「これまで太極拳と気功を数十年習ったが、病は良くならなかった。しかし、法輪功を始めてから生まれ変わったかのように身体が変わった」と喜びの声をあげた。

 修煉を始めてから、身体は心と関係し、心が変わらなければ健康な体は得られないことが分かった。「転法輪は心を善良にする力がある」と述べた。

 「座禅をするときに、雑念があってはならない。私も初めはさまざまな執着心があったが、転法輪を繰り返し読むうちに、心が浄化された」と語る。20年の修煉の中でおこたることなく、毎日2時間、第5功法の座禅をしている。

 80歳を超えると、多くの人は病気持ちで介護が必要となる。しかし楊さんは20年間、病院にもかからず薬も飲んでいない。お年寄りの健康と心の充実は、子や孫の幸福でもある。

法輪功の指導書は世界60カ国語以上に翻訳され、日本語版を含め、すべて法輪大法のホームページで無料でオンラインで読むことができる。書籍を注文する場合、転法輪はこちら。入門書である法輪功はこちらで買うことができる。

(翻訳編集・山本アキ/佐渡道世)

 

関連記事
注目記事
^