中国古典舞踊への誘い

眼差し

2015/11/29 07:00

 正当な中国古典舞踊は、内包された意味や感情が中核にあります。そして、魂の窓とみなされる目は、舞踊の中で重要な役割を果たします。
基礎から上級に至るまで、中国古典舞踊の養成では、「眼差し」が常に重視されます。

 「眼差し」の技術は、「聚」 (集中する)「放」 (リラックする)「凝」(見つめる) 「 収」(退く)「合」 (閉じる)「巡視 」(ゆっくりと見渡す)に要約されます。トレーニングの場で、リハーサルで、インストラクターがこれらの技術を常に繰り返して教えています。

 これらは意訳に過ぎません。それぞれの技術には、目の位置や瞳の膨張といった細かい技を超えた、包括的な目の運用を意味します。役柄を演じる上でダンサーが習得しなければならない技術です。

 この写真は、「四面楚歌」で知られる項羽を演じているところです。ダンサーの目の部分だけを隠してみてください。この凝視があってこそ、項羽の悲痛な面持ちが伝わります。

 今度神韻を鑑賞されるときは、ダンサーの眼差しに注目してください。様々な役柄を演じる中で、慈悲、歓喜、不動、創造、勇壮、愚かさなどがアイコンタクトから感じられることでしょう。

(神韻芸術団フェイスブックより)
 

関連記事
注目記事
^