ドナウ川に大量ユーロ紙幣 拾い主は少年

2015/12/08 16:48

 オーストリアの首都ウィーンで5日、少年1人がドナウ川から約10万ユーロ(約1300万円)を拾い上げ、大きな話題となった。警察がお金の出所を調査している。

 大量の500ユーロ札や100ユーロ札がドナウ川を漂流しているのを発見した少年が、川に飛び込んで紙幣をかき集めていたところ、目撃者が自殺だと勘違いし警察に通報した。警察は当初は偽札だと判断したが、後に本物であることが分かった。英BBCは警察当局者の話として、紙幣の総額は約10万ユーロと報じた。

 オーストリアでは、持ち主の不明な現金拾得物は、拾い主が総額の5%から10%を受け取る権利があるが、持ち主が一年以内に見つからない場合、全額が拾い主のものとなる。

 少年の名前や身元は公表されていない。

(翻訳・桜井信一、編集・叶子)

関連記事
注目記事
^