漢字の紐解きシリーズ

「忍」

2015/12/19 07:00

 神韻の演目に出てくる多くの英雄たちに見られる徳の一つです。夫を亡くした心の痛みに堪えながら、国家を守るために大群を先導したム・グイイン統帥、悪漢に馬鹿にされても耐え忍んで股をくぐった武才に長けた若者、韓信、不屈の忍耐力で過酷な迫害に堪える法輪功修煉者など、例はたくさん挙げられます。

 「忍」とは何でしょうか?「忍」のある人とはどんな人でしょうか?漢字の構造を見てみましょう。「心」の上に「刃」があります。二つの文字を合わせることで「忍」が生まれます。つまり、どんな状態にあっても、刃物で心臓がえぐられるような痛みを感じても、その痛みに堪えているあなたは「忍」を実践しているのです。

 苦しみだけではないかと思われるかもしれませんが、本当の「忍」の実践には報いがあります。「忍」をもって乗り越えることができると、前よりも強く、善良な人間になったと感じるからです。

(神韻芸術団フェイスブックより)

 

注目記事
^