フォトニュース

写真で世界を振り返る 1月11日から1月17日まで

2016/01/21 08:00
1月14日、インドネシア首都ジャカルタ、中心部の繁華街で数か所爆弾テロが発生し、現場に駆けつけた警察官は犯人グループと銃撃戦となり、民間人2人を含む7人が死亡した。(Bay ISMOYO/AFP)
1月12日、トルコ・イスタンブールの観光地スルタンアフメット広場で自爆テロが発生し、10人が死亡し(9人がドイツ人観光客)、15人が負傷した。現場近くに「ブルーモスク」の通称で知られる世界遺産のモスクや、アヤソフィア博物館があり、多くの観光客が訪れる場所。 (STR/AFP/Getty Images)
1月14日、トルコ南東部ディヤルバクル、反政府武装組織による警察署と警察宿舎を狙った爆弾テロがあり、建物がひどく損傷して、女性や乳児を含む5人が死亡、39人が負傷した。 (ILYAS AKENGIN/AFP)
1月14日、イラク・ラマディ、米国主導の有志連合に支援されたイラク軍が、イラク中西部の要衝ラマディをISから奪還した後、イラク対テロ部隊は、撤退したISが町のいたる所に仕掛けた大量の路肩爆弾や地雷を除去しなければならない。かつて人口50万人のラマディは完全に廃墟と化してしまった。写真はスフィア地区から避難する人々。 (MOADH AL-DULAIMI/AFP)
関連記事
注目記事
^