最新の洗濯法

超音波を使用した携帯式「Dolfi」 ドイツで発明

2016/02/08 07:00

 旅行先で、長い間洗濯ができずに困ったことはないだろうか。ドイツで開発された超音波を使う新たな携帯式洗濯機「Dolfi」は、手のひらサイズで持ち運び便利、音も小さく省エネにも最適。是非お勧めしたい製品だ。

 ドイツ人の女性レナ・ソリスさんが発明した携帯式洗濯機「Dolfi」の使用方法は簡単。洗面台にお湯を張って洗いたい洋服と洗剤を入れ、あとは「Dolfi」のスイッチを入れて投入するだけ。すると、「Dolfi」が発する超音波が水中で高圧の泡を形成し、衣類に浸透して汚れを浮かすことができる。約30分で洗濯は完了する。

 「Dolfi」はシルク、綿、カシミヤなど様々な生地に対応することができ、電力も洗濯機の80分の1しかかからない。非常に静かなので、夜間でも気にせずに使用することができる。

 大きさは82×64×30㎜とスマートフォンよりも小さく、重さは300gしかないため持ち運びが非常に便利。「Dolfi」という名前は超音波を発する動物「イルカ(Dolphin)」にちなんで命名されたという。

 ソリス氏は頻繁に旅行するが、その時に洗濯の問題に困っていたところ「Dolfi」のアイディアを思い付いた。この技術が今後、私たちの洗濯をさらに容易にしてくれるだろう。

(翻訳編集・山本アキ)

関連記事
注目記事
^