太平洋を臨む高知県(下)

2016/02/23 07:00

高知城

 町の中でも高い所にある高知城は遠くから眺めても美しい。長い158段もの石段をまわりながら登るとようやく城にたどり着く。「南海の名城」と親しまれているように、その姿は近くで見ると格段と美しい。

 3層6階からなる城の中には、かなり急な階段があるため、一段一段慎重に上がる必要がある。最上階の天守閣まで上がると、思ったより狭い所だった。廻り縁に出てみると、360度景色を見渡すことができ、下を覗けば、手入れの行き届いた形の良い大きな松を眺めることができる。ここからは高知市内を一望でき、街と緑と海が調和したすばらしい風景を楽しむことができる。

日曜市

日曜市(まさ恵撮影)

 四国高知は本州と比べて暖かく、冬でも様々な野菜、果物、色とりどりの草花などが豊富にある。この高知の日曜市は300年以上も前からあり、よさこい祭りの期間と年末年始を除く日曜日に開催されている。高知城下追手筋において、約1300メートルにわたりおよそ500店が軒を連ねる。高知を代表する四方竹、生姜、フルーツトマトなどの新鮮な野菜、大きな土佐文旦、新高梨などの果物がとても色鮮やかである。

 朝早く出て散策していると、干物などの海産物や、高知産の食材を使った手作りの田舎寿司が、すぐにでも買って食べたくなるほど美味しそうだ。ほかにも餅、田舎こんにゃく、金物、衣類など、食品から日用雑貨まで何でも揃っている。あらゆるお店が街路の両側に隙間なく並んでいるので、往復すれば十分日曜市を満喫することができるだろう。市民と県外からの観光客で1日約1万5000人が訪れる。4月から9月は午前5時から午後6時まで、10月から3月は午前5時30分から午後5時まで催されている。

(文・まさ恵)

注目記事
^