米誌の自動車番付 トップ10に日本勢5ブランド

2016/02/25 16:18

   米国の有力消費者団体専門誌「コンシューマー・レポート」が毎年発表する自動車ブランドランキングトップ30。2015年度はトップ10に日本のブランド5つがランクインした。

    同誌は毎年、自動車の信頼性、安全性、走行試験や保有者の満足度などを総合して100点満点方式で採点し、上位30のブランドを発表している。これは、米国人が車を購入する際の重要な参考になると言われている。今年の第1位は独フォルクスワーゲン傘下の「アウディ」。2位は富士重工業の「スバル」で、3位は昨年まで3年連続首位だったトヨタ自動車の高級ブランド「レクサス」だった。

   今年のランキングでは、欧州とアジアの自動車、特に日本車が例年同様、信頼性と走行性の2点で高く評価され、上位を占める結果となっている。

 欧洲ブランドでトップ10に入ったのは、フォルクスワーゲン傘下のアウディ(1位)とポルシェ(4位)、BMW(5位)。米国ブランドで唯一ランクインしたのはGM社の「ビュイック」(7位)だった。

   以下はトップ10とその点数(100点満点)

 1.アウディ    80点
   2.スバル     78点
   3.レクサス  76点
   4.ポルシェ    76点
   5.BMW      76点
   6.マツダ     74点
   7.ビュイック 74点
   8.トヨタ       72点
   9.キア(Kia 、韓国、起亜自動車)72点
  10.ホンダ      71点

  日本勢はそのほかにも、日産が63点で21位に、三菱が51点で28位に入っており、日本でも人気の高いメルセデス・ベンツは67点で14位だった。

(翻訳編集・桜井信一)

 

注目記事
^