米半導体大手に750万ドル罰金 中国政府高官の子弟を不正雇用

2016/03/06 14:35

 米証券取引委員会(SEC)は1日、半導体大手の米クアルコムが罰金750万ドル(約8.55億円)を支払うことに合意したと発表した。同社が中国政府高官の親族らを雇用する見返りに、中国で事業などのあっせんを受け、米国の贈賄防止関連法に違反したためだという。

 SECは、同社のこの違法行為は2002~12年にかけて行われたとしている。公表された不正事実のうちの一件は、クアルコムが中国政府高官の息子を採用し、住宅購入への融資などの名目で総額14.7万ドル(約2058万円)の不正な支援を行った。

 SECは近年、このような疑惑への取り締まりを強化している。英金融最大手HSBCホールディングスや、米金融大手JPモルガン・チェースも同様な疑いが持たれており、SECの調査を受けていることが以前から明らかになっている。

 また、情報筋や銀行の有価証券報告書などによると、シティバンク、クレディ・スイス、ゴールドマン・サックス、ドイツ銀行、モルガン・スタンレーなどの世界大手金融機関にもSECの調査が及んでいるという。

(翻訳編集・叶子)

関連記事
注目記事
^