あやしい白い電子装置

北京市の住宅ビルから500台以上の「スパイ機器」発見か

2016/03/16 15:27

 近日、北京市朝陽区のあちこちの住宅ビルで円状の小さな電子装置が500台以上発見された。住民は情報を盗みとる「スパイ機器」であると疑って、電子装置を次々に破壊。警察は「インターネットに繋いで、近隣の商店の特典を得られる装置」であると説明しているが、詳細は明らかになっていない。

 「北京晨報」によると、北京市朝陽区にある多くの住宅ビルで直径4センチ厚さ1センチの円状の電子装置を発見。電子装置は白色で、消防配管や電気配管、靴箱の裏など目立たない所に隠されていた。

 住民たちの間では、この電子装置が携帯電話や銀行、クレジットカード等の個人情報を盗みとるスパイ機器であるとの憶測が広がり、次々に壊した。

 その地域の住宅安全を担当する警備員によると、夜間巡回の際に白い電子装置を発見。次の日、連絡を受けた不動産管理会社は、この電子装置が取り付けられたことで住民の個人情報が漏れる可能性があると判断し、すべて撤去した。この会社が所有する近隣のいくつかの建物でも、同じものが発見され、既に500個以上が撤去されている。

「スパイ機器」一体誰が取り付けた?

 電子装置が発見された不動産会社は、「いかなる会社からも、この装置の設置を許可したことはない」とコメント。住宅管理委員会も装置について認識はないと話している。

 その後、現地の警察が謎の電子装置に言及した。スパイ機器ではなく「住民が携帯を使って付近のお店の特典等を得られる装置。決して危険性はないので、住民は過度に敏感になる必要はない」と説明した。

 住民からスパイ機器とあやしまれた電子装置の生産会社も、警察と同様のコメントを発表。「決して個人情報を窃取する装置ではない」と疑いを否定した。

(翻訳編集・山本アキ)

編集部からのおすすめ
注目記事
^