解禁か再参入か

分析:中国入りの願望強いフェイスブック 宣伝部長とも会談

2016/03/22 06:00

 世界最大のSNSフェイスブック(Facebook)創始者マーク・ザッカーバーグ氏は、中国政府主催の発展フォーラムに参加するため訪中している。それが開催される前から、同氏の行動に注目が集まっている。大紀元コラムニスト・周曉輝が中国政府とザッカーバーグ氏の思惑を分析する。


 ザッカーバーグ氏は、19日には中国共産党序列5位の劉雲山・政治局常務委員と会談し、その前日の18日には、大気汚染警報が出されるなか、天安門広場前を笑顔でジョギングしている様子を自身のフェイスブックに上げた。

 情報統制のため、フェイスブックは中国本土では使うことができない。会談したのは、ネット検閲や規制も指示する共産党宣伝部のトップである劉氏。中国のネットでは「これほど滑稽な会談は見たことがない」「企業と話し合うが、ネットユーザーたちとは話合わない」「フェイスブックを知っているのだろうか」などと、けげんな声が相次いだ。ザッカーバーグ氏の無謀なランニングも、共産党への機嫌取りではないかと、同氏への悪印象につながった。

巨大市場を狙うザッカーバーグ氏

 ザッカーバーグ氏にとって、中国という巨大市場が魅力的に映っているようだ。フェイスブックのデータによると、ユーザ数は15億人で、世界80%の国に同ユーザがいる。その数に、中国は含まれていない。企業の持続的発展と株価上昇のため、中国市場の攻略を図るのは容易に想像できる。

 しかし、自由主義の国から誕生したフェイスブックが、共産党による一党独裁体制の中国に入るには簡単ではない。SNSという口コミが広がる手法は、個人のプライバシーやビジネスの機密、また政治、軍事情報を漏らすことも容易となる。また、情報封鎖の厳しい中国にとって、海外の情報を自由に探し集めるプラットフォームとなるSNSは、共産党の脅威となる。

 2008年、フェイスブック中国語版は中国本土の簡体字、台湾と香港のそれぞれ繁体字の3種類を設けて開かれた。しかし2009年7月、新疆ウイグル自治区の大規模デモに共産党が武力鎮圧した後、フェイスブックと動画サイト・ユーチューブ(youtube)、簡易投稿サービス・ツイッター(Twitter)は使用できなくなった。デモ参加者の交流手段となる、というのが理由だった。

編集部からのおすすめ
関連記事
注目記事
^