神韻

中国芸術の舞台「今週は2度観た」=教育番組の司会者

2016/04/09 17:54

 米国公演ではチケット完売が相次ぎ、欧州でもクラシック音楽界や舞台専門家からも高く称賛された神韻。人々が引きつけるのは、壮麗な舞踊、西洋と東洋の伝統音楽を合わせた音楽の創作力という外見上の美しさのみならず、舞台を通じてあらわされている心の強さ、清らかさ、優しさなど、内面に伝わるメッセージ性だ。

 「3回観るべき」1週間で2度鑑賞したTV司会者

 米国のテレビやラジオの教育科学番組に出演し「ドクター・スカイ」の名で知られる司会者スティーブ・ケーツ(Steve Kates)氏は、ブロードウェイで1週間に2度、神韻を観た。2回目となる4月6日の公演も「初回とおなじ衝撃を受けた。人によっては3回見るべきだろう。もちろん私も、もう一度観たい」と話した。

 ケーツ氏は神韻について、ダンスの美しさやプログラムの調和性という「美しいダンスの舞台」という枠におさまらない、「心の自由」というメッセージ性を評価している。中国では精神のために抑圧された人々がいることを知るケーツ氏は「米国でも、心の自由をもつということは多くの人が経験していないかもしれない」と述べ、神韻のメッセージに共感した。

 米女優「苦しみのなかにある世界、神韻が必要」

「世界には神韻が必要」と話す米女優スーザン・スタフォード
(Susan Stafford)氏(新唐人テレビ)

 米女優スーザン・スタフォード(Susan Stafford)氏は1月ラスベガスで神韻をはじめて鑑賞。クリスチャンで人道主義者だというスタフォード氏は、演目で示された、仏教的な精神性の強さに共感したという。「仏教とキリスト教のふたつの側面が見えた。おたがい平和と慈愛を示している」と新唐人テレビの取材に述べた。

 また中国で抑圧と迫害を受ける人々を表した演目について「命をかけている。彼らの心は正しい。正しい理念で行動することが大切。世界は苦しみのなかにある。神韻が必要だ」と力強く述べた。

 中国文化の復興をかかげる神韻芸術団は、米国ニューヨークを拠点に、毎年、世界ツアーを展開する、舞台創造組織。専属オーケストラは単独で米国ツアーも行っている。

いよいよ神韻は来日する。新緑に萌える木々。さわやかな香りが街を包む。4月は、「ふたたび花開く中国伝統芸術」を銘打つ神韻にぴったりの季節だ。2016年世界ツアーの日本公演は東京(4月24日~26日)、大阪(4月22日)、名古屋(4月19日、20日)をめぐる。東京の24日初日公演はすでに完売し、25日、26日のチケットは残りわずか。

 チケット購入やお問い合わせはコールセンター0120-91-8487(10時から19時まで)。また、神韻日本公演の公式サイトには、座席を自分で選べる電子チケットもある。ぴあ、プレイガイド、ローソンチケット、楽天チケットなど、チケット取り扱い媒体からでも購入できる。

(翻訳編集・佐渡 道代)

関連特集

関連記事
注目記事
^