漢字の紐解きシリーズ

「鼓」

2016/04/16 07:00

 鼓の歴史は5000年に遡ります。黄帝が中原(ちゅうげん)で蚩尤(しよう)を退治したとき、9人の兵士をもっても蚩尤を倒すことができませんでした。そこで黄帝は、一本足で牛のような動物・夔(き)の皮を使った鼓を作りました。太鼓の轟は5里に及び、敵陣を震え上がらせ、退散させました。

 古代の甲骨文字の「鼓」は太鼓の形をそのまま現しています。左側に太鼓があり、太鼓の上には装飾、下には台があり、右側はバチをもった手を現します。

 古代では、戦場での襲撃の合図、市民への災害の警告、不正行為への抗議、悲しみや論争の強調など、太鼓は様々な用途に用いられました。さらに晩餐や祝いの席を盛り上げるためにも使われました。

 中国語の「鼓舞 (gǔwǔ)」は「勇気」を意味します。踊りながら太鼓を叩くと心が湧き立ち、エネルギーが満ち、不可能に挑戦する勇気が湧いてきます。前進あるのみ!

(神韻芸術団フェイスブックより)

 

関連記事
注目記事
^