乳がん治療の名医が語る 身体に良いコーヒーの飲み方

2016/06/15 07:00

 乳がん治療の名医で知られる台湾の張金堅教授は、ユニークで健康的なコーヒーの飲み方を推奨する。

 彼の飲み方は「3杯法」と呼ばれ、1杯のブラックコーヒーにつき1杯の水と1杯の牛乳を飲むというもの。

 コーヒーには利尿作用があり、水分が不必要に体から出てしまうことがある。また、カフェインの作用でカルシウムが身体から排出されてしまうこともあるため、コーヒーの後には水を一杯、さらに少し時間をおいて牛乳を1杯飲み、カルシウムを補給するのだ。

 コーヒーには動脈硬化の大きな原因とされる悪玉コレステロールの減少、脳卒中のリスクを10~20%低下させ、さらに肝硬変や大腸がん、認知症予防など多くのメリットがあると言われている。しかし、やはり飲み過ぎは禁物。張教授は1日3杯までにすることを強調する。

 また、濃いコーヒーに砂糖やクリームを多めに入れると、余分なカロリーと脂肪分を取ってしまうと指摘する。コーヒー豆を選ぶ時は、味が濃い深煎りの豆を避け、薄目の浅煎りか中煎りの豆を選んだ方が良いと話している。

(翻訳編集・張哲)

関連記事
注目記事
^