美しくなるために オードリー・ヘップバーンの名言集

2016/07/04 07:00

 「ローマの休日」に登場するアン王女。茶目っ気がありながら、純粋で気品ある女性を見事に演じたオードリー・ヘップバーンは、今でも多くの人々を魅了しています。成熟した、真に美しい女性とは何か。オードリーが残した名言の中に、その秘訣があるのかもしれません。

 1.女性の美しさは、その容姿が完璧かどうかとは関係しない。女性の真の美しさは彼女の魂に反映されている。彼女の心の底からの思いやりと、溢れるほどの情熱からその美しさを見ることができる。

 2.何かを変えようとしないで。皆それぞれの特徴を持っているのだから。自分の特徴に気づいた時、それを固く持ち続けていきましょう。

 3.  化粧は外見だけを美しくすることができる。もし、心の内面が醜いのであれば、心の内面を化粧すること以外に、(外見を)化粧をしても無駄なのよ。

 4.物事より、人ははるかに多く回復し、復活し、生き返り、再生し、過ちの悔い改めと救済が必要です。だから、どんな人でも決して見捨ててはならないわ。

 5.私を笑わせてくれる人を、私は大事にする。正直なところ、私は笑うことが何よりも好き。悩ましいことがたくさんあっても、笑うことで救われる。笑うことは人間にとって最も大事なことじゃないかしら。

 6.私は自分の人生に厳しくし過ぎないようにしているけれど、人生においてやってきたすべてのことを厳しく扱うことにする。

 7.女性のセクシーさというのは、スリーサイズだけじゃない。寝室でしか女性の魅力を証明できないわけじゃない。木からリンゴをもぎ取った時も、雨の中で佇む姿も、同じくらい女性のセクシーさを表せられるのよ。

(翻訳編集・張哲)

関連記事
注目記事
^