意外と知られていない? 七夕の本当の話

2016年07月06日 18時00分

 今日は「七夕(たなばた)」。七夕の夜は願い事を書いた短冊や飾りを笹の葉につるしますよね。みなさんはどんな願い事を書きましたか?七夕は織姫と彦星が、天の川にかけられたカササギ橋で再会する日とも言われてます。この言い伝えは、古代中国から伝わったと言われます。この永遠に伝えられる愛の物語は、中国のバレンタインデーでもあり、中国の伝統的な行事の中で、最もロマンチックで美しい祝日の日でもあります。中国では恋人同士がこの日に互いに縁を結ぶ印となる品物を贈れば、二人が永遠の愛を結ぶとされています。

 伝説では、天帝に7人の娘がいて、末娘の織姫は最も賢くてかわいく、手先がとても器用でした。天帝は真面目な彦星に、牛の管理を任せました。2人は一目見ただけでお互いを気に入り結婚しましたが、仕事のことを忘れたかのように、お互いのことに夢中になってしまいました。天帝は怒って、織姫と彦星に「自らの言動を慎み、週に一度会えば良い」と伝えるよう、カササギを使者として送りました。カササギは「毎日会っても良い」と天帝の話を間違って伝えてしまい、2人はこの上なく喜びを感じ、更に仕事をおろそかしてしまいました

 天帝は大いに怒り、毎年旧暦の7月7日の夜だけに会うよう勅諭を下しました。その後、織姫は天母によって天宮に連れ戻されてしまい、2人の美しい婚姻が散ってしまいました。彦星は天宮まで追いかけましたが、天母の設けた天の川によって織姫と会うことができなくなりました。その様子を見たカササギは、織姫と彦星の愛に感動し、千万羽のカササギが飛んで来て、カササギの橋を組み立て、織姫と彦星に再会の機会を与えました。王母も成す術がなく、2人が毎年7月7日に再会することを許すほかありませんでした。七夕の当日はよく霧雨が降りますが、それは2人が久しぶりに再会して流した涙だと言われています。

中国古代から伝わる「七夕」の習わし

^