「スーパー耐性菌」・ジカ熱・ストライキ、リオ五輪難題山積み

2016/07/08 17:37

 8月5日に五輪大会開催を控えるブラジルでは、ジカ熱や警察官のストライキなどの不安要素に次いで新たな問題が生じた。

 このほど、ブラジル人研究者が、2013年~14年にリオデジャネイロの海岸で採集した海水から、抗生剤に強い耐性を持つ「スーパー耐性菌」の「カルバペネム耐性腸内細菌(CRE)」を検出した。このスーパー耐性菌が人の健康にどのような影響を与えるのかはまだ不明で、今後研究を進めていく必要があるとされた。

 スーパー耐性菌が検出されたビーチは、オリンピックでセーリング競技が行われる予定のグアナバラ湾に面した、フラメンゴとボタフォゴのビーチのほか、人気観光スポットのレボロンとイパネマのビーチも含まれている。

 研究者によると、スーパー耐性菌の発生は病院からの汚水が未処理の状態で下水道を通じて海に流れたことが原因だという。

 ブラジルではジカ熱がまだ終息しておらず、また財政危機のために現在地元警察官が賃金の未払いに抗議するストライキを行った。ストライキの影響で治安がさらに悪化するとみられる。

 リオでの五輪開催を懸念し、米国プロバスケットボール協会(NBA)の一部の選手が米国バスケットボール代表を辞退した。

 5月末、世界各国の公衆衛生専門家150人以上で結成されたグループが世界保健機関(WHO)に対して、五輪大会の開催地を変更し、または延期するようにと主張した書簡を公開した。

(翻訳編集・張哲)

関連記事
注目記事
^