漢字の紐解きシリーズ

「善」

2016/07/09 07:00

 古代の甲骨文字では、善は「羊」と表されています。当時の中国では羊は神への生贄の中で最も清らかなものとされていたからです。また、キリスト教では「神の子羊」はイエス・キリストを意味する表現の一つでもあります。

 古代の佛教もキリスト教も、 人間は天界から堕ち、罪を償うために下界で苦しんでいるのだと教えています。人間の苦悩する姿を見てどうにか手を差し伸べたいという慈悲の心こそが、「善」の文字の背後に秘められているのです。
 

(神韻芸術団フェイスブックより)

 

関連記事
注目記事
^