若き女流料理人 世界へと羽ばたく

サンペレグリノヤングシェフ 女流料理人が日本代表に

2016/07/14 07:00

 世界中の美食家たちに愛されている「サンペレグリノヤングシェフ2016」の決勝戦が6月29日に行われた。女流料理人の古屋聖良さん(27)は「日本の四季」という料理で優勝の栄冠を手にし、日本代表として今年10月13日からイタリア・ミラノで行われる世界大会に挑む。

 東京で行われた決勝戦には10名の料理人が出場し、日本代表の座を争った。古屋さんの料理は日本の美しい四季をイメージし、季節にあった色彩と味覚を料理で表現し、好評を得た。

 古屋さんは、「とても感動しています。私を育ててくれた両親、そして自分を育ててくれた料理長とこの栄誉を分かち合いたいです。私は日本代表としてサンペレグリノヤングシェフ2016の世界大会に進出できることに誇りを感じると共に、自分の技能を十分に発揮して世界で優勝できるように頑張りたいと思います」と語った。

古屋聖良さんはサンペレグリノヤングシェフ2016の日本代表として選出された。写真は彼女の作品「日本の四季」
(遊沛然/大紀元)

 サンペレグリノヤングシェフでは素材、技術、才能、美しさ、メッセージ性の5つの評価基準をもとに審査員が優勝者を決める。審査員の成澤由浩シェフは、「自らの腕を磨きたい若者は、ぜひこの様な大会に出場してほしい。大会ではプロの講評が得られるので、貴重な体験になると思う」と話す。「我々審査員は地区大会に参加した選手たちに寄り添い、最高の技術的な提案をするつもりだ」

審査員から評価をもらう古屋さん
(遊沛然/大紀元)

 同じく審査員で、日本料理の権威である山本征治シェフは、「料理コンクールはお客さんの視点からの料理に対する評価であり、料理人にとって優勝することだけが目的ではない。料理に凝縮された様々な要素は一流の料理人となる鍵。更なる進歩に努め、努力をしていけばきっと一流の料理人になるに違いない」

(翻訳・文亮)

関連記事
注目記事
^