お酒好きじゃなくても楽しめる?酒都西条の銘水6選

2016/07/30 08:00

 灘、伏見、西条と三大酒都にも挙げられる東広島市西条町。10月には全国の日本酒好きが集まる酒の祭典、「酒まつり」が催されることでも有名ですが、その美味しいお酒を造るには欠かせないものがあるのです。

 それが!

 龍王山の伏流水が織り成す井戸から湧き出る天然水

 山陽本線西条駅を降り、数分歩くと酒蔵が軒を連ねています。その各酒蔵が、井戸から湧き出るお水を無料で提供しているのです。仕込み時期を終えた酒蔵の門前にお水を求める人々が、朝昼夕にと列を作っています。

 列んでいる人に尋ねたところ、この水で御飯を炊いたり、コーヒーを淹れたりすると抜群に美味しいそうです。確かに酒蔵通りと呼ばれる通りを歩くと酒蔵の水で仕込んだパン屋さんや酒蔵の水で淹れたコーヒーが自慢の喫茶店を発見することが出来ました。

 以下、各酒蔵の井戸の写真をご覧ください。

 混じり気のない、ひんやり冷たいお水で喉を潤せば、真夏の暑さに涼が取れ、心も身体もリフレッシュできるかもしれません。

万年亀井戸

キリリと辛口のお酒が決め手の亀齢

 

賀茂鶴福神井戸

オバマ大統領が来日した時に安倍首相と酌み交わしたお酒でも有名

 

福美人福神井戸

平成に入ってからも、全国新酒鑑評会金賞を7回受賞するなど、高い評価を受けている

 

西條鶴天保井水

幾度もモンドセレクション金賞を受賞しているお酒を誇る

 

白牡丹冥加の水

西条で最も長い歴史を持ち、甘口のお酒が特徴

 

賀茂泉次郎丸井戸

暑い時期でも生酒を出してる

(文/撮影・めぐみ)

関連記事
注目記事
^