米臨床腫瘍学会が発表

回復事例から見る治癒効果 がん患者に顕著な改善

2016/08/03 04:00

 法輪功を学習した末期がん患者に、延命効果や症状の改善、がんの完治など様々な臨床事例が見られたことを報告した論文が、米国臨床腫瘍学会(ASCO)に承認され、同学会のオフィシャルサイトで発表された。

 ASCOは世界で最も影響力のある臨床腫瘍学会で、毎年開催される世界最大規模の学会には、全国から約3万人もの研究者が参加することでも知られている。

 シカゴの大紀元特派員林沖によると、6月3日に論文の第一著者でスイスの製薬大手ノバルティスファーマの研究者、董宇紅博士が、シカゴで開催された2016年ASCO年次総会で、雑誌CUREの取材を受けた。同誌はがん患者を対象にして発行されている米国内最大級のがん関連情報専門誌。

董宇红博士(右二)はシカゴで開催された2016年ASCO年次総会の会場前で同僚たちと一緒に(本人提供)

 董博士によると、研究対象は余命約5カ月と診断された末期がん患者152人。この患者らが法輪功の修煉を行ってから、患者の生存期間が当初の余命の10倍に相当する平均56カ月まで延びた。また研究期間の最終日に行われたデータ収集の際には患者152人中149名が良好な健康状態で存命していたほか、修煉の開始後、患者の97%にがんの消失が見られた。

 特筆すべきは、法輪功の修煉を開始してから症状に何らかの改善がみられるまでの平均期間がわずか1.3カ月だった点で、さらに修煉の開始後、患者らの生活の質(QOL)も顕著に改善された。

 董博士は、法輪功はがんの治療法として作られたものではないが、今回の研究で末期がん患者に対する延命効果や治療効果があることがはっきりと認められたと述べるとともに、今後もっと多くの研究者がこの研究に参加し、法輪功の治癒メカニズムを明らかにすることを期待していると今後の抱負を語った。

 法輪功は佛家における修煉法であって、病気の治癒を目的とするものではないと明言されている。だが、今回のように現代医学では説明できない治癒効果が確かに存在することが、国内外の多くの学習者の実体験によって裏付けられている。

 銃弾による足の複雑骨折が3カ月後に完治

 豪州国籍の華僑で法輪功の学習者、梁大衛(デービッド・リャン)氏は、2004年6月28日に南アフリカ共和国で同国を訪問中だった中国共産党国家副主席曽慶紅を提訴するために車を走らせていたところ、中共工作員からAK-47銃で狙撃され、右足のくるぶしが複雑骨折という重傷を負った。病院からは右脚の切断手術を受けることを勧められた。

 だがリャン氏が法輪功の修煉を続けたところ、3カ月後には患部が回復し、職場への復帰も果たした。この間同氏は、他のいかなる治療も受けていない。

2004年10月、南アフリカの最大メディアの一つ「Sowetan」が、3カ月で奇跡な回復を遂げた梁大衛氏を取材した(大紀元)

 リャン氏の奇跡的な回復体験は、南アの最大メディアの一つSowetanがトップニュースで紹介されたほか、十数社のメディアに取り上げられ社会の大きな関心と反響を呼んだ。

 同氏が最初に入院した南ア最大級の黒人系病院Christ Hani Baragwanath Hospitalの外科医ムーサ医師は、リャン氏の回復について、現代医学では説明しようのない奇跡的な治癒例だと興奮した面持ちで述べた。

 難病ALS患者が絶望の淵から奇跡的に回復

 自身も医者である汪志遠氏は1980年代に、イギリスの著名な理論物理学者であるホーキング博士と同じように筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症した。ALSとは、脳や末梢神経からの命令を筋肉に伝える運動ニューロン(運動神経細胞)が侵され、体中の筋肉がやせ細り、最終的には自力歩行や自力呼吸も不可能になるという病気で、治療法がなく、難病の一つに指定されている。

 同氏は進行する一方の病状にあらゆる可能性のある治療法を試し、1995年米ハーバード大学医学部で仕事をしながらも治療法を探し求めたが、有効な治療法を見つけることができなかった。

 絶望の淵に立たされていた同氏は、友人からの勧めで法輪功の学習を始めたところ、学習グループに参加した一日目から、不思議な現象が起こり始めた。体の中をなにか熱いものが巡りはじめ、わけもなく涙がこぼれ続けた。また、頻繁な尿意を覚えしかも大量に排尿するようになり、外出中には何度もトイレを探さなければならなかった。

1980年代に筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症した汪志遠医師は、法輪功の修練で3カ月で健康に回復した(大紀元)

 3カ月後に病院で血液検査を受けたところ、正常な数値のわずか半分しかなかったヘモグロビンが、正常なレベルまで回復していた。55キロまで減少していた体重も75キロまで戻り、完全な健康体に回復していた。

 米ボストン最大級の日刊紙、ボストン・グローブの記者は、汪氏の話を聞き付け取材に行った際に自分の目を疑った。なぜなら、汪氏がジョギングしているのを目の当たりにしたからだ。

編集部からのおすすめ
関連記事
注目記事
^