リオ五輪

リオ五輪観戦で寝不足! 金メダル獲得数ロンドン五輪超えるか

2016/08/18 14:14

 リオデジャネイロオリンピックが開催されてから、すでに半ばを過ぎた。金メダル獲得数も7個と、すでに前回開催のロンドンオリンピック大会を上回る勢いだ。

(大紀元作成)

 開催前から、メダル獲得を期待されていた男子水泳は荻野公介選手が期待とおり男子400m個人メドレーで金メダルを獲得した。少年時代から荻野をライバル視してきた瀬戸大也選手も同競技で銅メダルを獲得した。

 女子水泳は女子200m平泳ぎで金藤理絵選手が金メダル獲得を獲得した。金藤選手は北京オリンピック以来、8年ごしの金メダル獲得とあって感動もひとしおだ。女子200mバタフライの星奈津美選手も金メダルを期待されていたが残念ながら銅メダルに終わった。

 メダル獲得が確実視されていた男子体操の内村航平選手も男子個人総合において、ベルニャエフ選手と競り合う展開を制し、金メダル獲得を決め、ロンドン、リオ大会と2大会連覇を達成した。また2004年アテネ大会から逃していた男子体操団体の金メダルも達成した。

 柔道男子は出場した全ての階級でメダルを獲得するという快挙を達成し、90kg級のベイカー茉秋選手と73kg級の大野将平が金メダルを獲得した。また羽賀龍之介は敗者復活から銅メダルを獲得するなど日本男子柔道代表の充実ぶりを伺わせる。女子も70kg級の田知本遥選手が金メダルを獲得したほか、松本薫選手を始め4名の選手が銅メダルを獲得した。

 その他、錦織圭選手が96年ぶりに日本のテニス界に銅メダルをもたらしたり、卓球個人の水谷隼選手が史上初めて銅メダルを獲得するなど記憶に残るドラマがくりひろげられている。

 オリンピックも後半に入っているが、吉田沙保里選手など女子レスリング競技が金メダル獲得の可能性を期待されており、これからも眠れない夜が続きそうだ。

(文/大道)

 

 

 

 

 

編集部からのおすすめ
注目記事
^