レシピ本では教えてくれない

直伝!本格バターチキンカレー

2016/09/15 06:00

 インド料理店で一番人気のメニューと言えば、バターチキンカレー。バターのまろやかな風味にスパイスの香り、そしてやわらかな鶏肉が織りなすハーモニーに、たちまちとりこになってしまいます。そんなバターチキンカレーを、手軽に作れるようアレンジしました。本場のカレーの味をぜひご家庭で!

材料:

・チキンのマリネ・・・・・・・(A)
 鶏肉 500g
 ヨーグルト 100mL
 ニンニクとショウガのすりおろし 各小さじ1
 塩 小さじ1
 パプリカパウダー 大さじ1
 ターメリック 小さじ1
 クミンパウダー 小さじ1
 カイエンヌペッパー 小さじ1
 ガラムマサラ 小さじ1
 レモン汁 小さじ2
 サラダ油 小さじ1
 
・玉ねぎ(大) 1個
・ししとう 3個(ピーマン1個でも可)
・トマト 3個(トマト缶詰1個でも可)
・ケチャップ 大さじ1
・クミンシード 小さじ1・・・・(B)
・グリーンカルダモン 2個・・・(B)
・シナモンスティック 1本・・・(B)
・クローブ 4本・・・・・・・・(B)
・生クリーム 50mL
・バター 10g
・サラダ油 大さじ2
・ニンニクとショウガのすりおろし 各小さじ1
・ガラムマサラ 小さじ1
・食塩 お好みで調整してください
・砂糖 大さじ1
・コリアンダーとミントの葉 少々(仕上げ用)
・カスリメティ 大さじ1(仕上げ用、なくても可)

作り方:

カレーの材料の一部

1. 最初にバターチキンカレーの具となるチキンを作る。このチキンが唯一の具となります。チキンマリネの材料をすべて混ぜ合わせ、1時間以上寝かせる。

2. 玉ねぎをみじん切りにし、トマトはざく切りにする。ししとうは小さめに切り刻む。ニンニクとショウガはすりおろす。

3. 鍋にサラダ油大さじ1とバターを入れ、バターが半分くらい溶けたらホールスパイス(B)を入れる。

4. クミンシードの周りから泡がでてきたら玉ねぎと刻んだししとうを入れ、強火で茶色になるまで炒める。所要時間は約6分から10分。

チキンマリネを炒める

5. 玉ねぎを炒め始めるのと同時に別の鍋に油をひき、チキンマリネを入れて10分間ほど炒める。鶏肉に火が通ったら火を止める。

6. 玉ねぎが茶色になったらトマトを入れ、ペーストに近くなるまで炒める。所要時間は約5分。

7. 6で炒めた材料をミキサーに入れてペーストにする。出来上がったものを濾し、砕けたスパイスを取り除く。

カスリメティを加えたところ

8. 7で作ったものを再び元の鍋に戻し、作っておいた鶏肉を加える。鍋に残っているマリネ液も一緒に加える。

9. よくかき混ぜながら5分ほど煮る。カスリメティ、さらにお好みでコリアンダーとミントの葉を少々加え、さらに5分ほど煮る。ここで砂糖を加える。カレーのとろみがついたら火を止める。

10. 最後に生クリームを加えてよく混ぜ合わせ、ガラムマサラ小さじ1を振りかけて完成。器に盛り、千切りショウガ(分量外)をトッピングする。

料理のコツ

1. バターチキンは本来、タンドリーチキンを具にします。チキンはフライパンで焼いたほうがジューシーに仕上がり、マリネ液も無駄になりません。

2. 玉ねぎを炒めるときは、油を少し多めに入れたほうがおいしく仕上がります。カロリーが気になる方は玉ねぎを炒め終わった後に油を少し捨てるといいでしょう。また、玉ねぎを炒め終わった後にシナモンスティックなどのホールスパイスを取り出すのもおススメです。

3. バターチキンカレーは水っぽいとコクがなくおいしく仕上がりません。また、生クリームの分量もお好みで調整してください。多すぎると味がくどくなり脂っこくなります。

4. 辛めのバターチキンを食べたい方はカイエンヌペッパーを多めに、甘いバターチキンが食べたい方は砂糖を多めに加えてください。

 

(文亮)

関連特集

新着記事
^