人道犯罪

10月1日、人道的な医師会「中国での臓器収奪による犠牲者を弔う日」制定

2016/10/10 19:01

 医療専門家による非政府団体「臓器の強制摘出に反対する医師団」(DAFOH)は、このたび、10月1日を「臓器の強制摘出に反対する国際記念日」に制定した。初年度として、国連人権高等弁務官に、この人権侵害に対して行動をとるよう求めた。同日は、中国共産党政権による中国人民共和国が成立した「国慶節」と定める日でもあり、注目の高まりを狙う。

 DAFOHは、臓器のために 年間数万人の「良心の受刑者」が中国で殺害されるという人道犯罪を広く伝えるため、設立された。同団は2016年ノーベル平和賞にノミネートされた。

 同調査員によると、臓器元は、1999年から中国共産党に弾圧されている精神修養法・法輪功の学習者が主だという。そのほかにチベット民族、ウイグル民族、中国家庭教会(全能神)も対象となっている。

 大規模人道犯罪、国連へ働きかけ

 早急にこの臓器収奪を止めるために、DAFOHは世間にアクションを求めている。同公式ホームページから「強制的な臓器摘出を即時停止させるための1日限りの請願書をダウンロードし、DAFOHと国連人権高等弁務官のメールアドレスに送信するよう求めている。請願書は「中国の良心の受刑者からの強制的な臓器収奪に関する大量の証拠を警鐘する」ことを表明するものだ。

 ザイド・イブン・ラアド現国連人権高等弁務官に宛てるこの請願書は、臓器収奪を即時に停止するよう中国当局に要求している。「この非道な犯罪の実行者を刑事告発に導くよう、さらなる客観的な調査に着手」し、法輪功への迫害の停止を求める内容だ。

 法輪功の五つの緩慢な動きと、真善忍を基本理念とした道徳観は、1990年代に中国で人気が全土に拡大し、学習者の数は共産党党員数を超えた。これを脅威と見なした当時の共産党党首・江沢民は、1999年に弾圧を指示する。

関連特集

編集部からのおすすめ
関連記事
注目記事
^