【動画】アリゾナ砂漠にのこる謎の白十字は?

2016/10/20 19:38

 米アリゾナ砂漠に残された白十字の記号。調査によると、これは冷戦時代、米軍が敵地の情報を収集するための機密プロジェクトだという。

 12年前、同砂漠を飛行していた民間のパイロットが、謎めいた風車に似た白十字の記号を発見した。NPRの報道した、これは「米政府による最高機密プロジェクト『CORONA(コロナ)』で、敵の偵察する衛星」の位置確認マークだという。

 「コロナは、1960年の冷戦時代、ソ連、中国ほか敵国の地域の写真を撮るために、秘密裏に打ち上げられた米国で初めての偵察衛星で、発見されることはなかった」とNPRは伝えている。

 公開された写真に映る白十字は、コロナが撮影する対象物に焦点を合わせるための目安になっていたという。この米軍のプロジェクトは「成功」しており、相手国の飛行場、核兵器倉庫などを約80万枚撮影した。

 コロナは発射から12年後の1972年にその役割を終えた。

(翻訳編集・佐渡 道世)

関連特集

編集部からのおすすめ
関連記事
注目記事
^