上海、「白タク」1100台を摘発

2016/10/21 05:00

 上海警察当局によると、最近、自家用車を違法にタクシーとして使う、いわゆる「白タク」を1100台摘発し、撤去させたという。

 違法タクシーは、空港や鉄道、地下鉄の駅に集中して客待ちしていた。中国では「黒車」と呼ばれている。

 この違法タクシーのドライバーたちは、今回、3万元(約16万円)の罰金と、3カ月の運転免許停止を命じられた。報道によると、多数のドライバーは罰が重すぎると不満を口にしたという。

 今月はじめ、上海当局は、街でタクシー不足が起こらないよう、「引退したタクシードライバーたちが復帰するのを歓迎する」と発表。許可を有し、正規に登録されたドライバーなら、定年退職後も5年は運転を許可するとの策を講じた。

 上海の交通当局によると、登録された5万のタクシーのうち、3千台は運行していないという。

(翻訳編集・佐渡 道世)

注目記事
^