海洋考古学

東ローマ帝国とオスマン帝国の戦いで沈んだ船 黒海で発見

2016/10/27 08:00

 国際的な研究チームは最近、黒海の海底を探査中、13~14世紀ごろの東ローマ帝国とオスマン帝国の闘いにより沈んだとみられる、古い船を発見した。

 この研究チームは、地球最後の氷河時代と水位上昇の影響を調べるために、黒海の海底地図を作製する目的で、海底探査をしていた。

 2つの海底探査機により偶然、発見された船は、オスマン帝国とビザンツ帝国が所有していた船とみられ、その数は数十隻に及ぶ。

 歴史の記録では、当時の船は難破や海難事故で消失したとされていた。船の形が完全に残ったものが発見されたのは、今回が初めて。

 サウザンプトン大学で黒海研究と海上考古学を教えるジョン・アダムス教授は、「残骸が見つけられたのは幸運なこと。興味深い探検となった」「誰もこの深さで完全な形をとどめたものを発見したことはない」とメディアの取材に答えた。

(翻訳編集・佐渡 道世)

編集部からのおすすめ
注目記事
^