ノンフィクション・ストーリー

「9歳で天安門へ」90年代生まれの女性の自叙伝

2016/11/06 15:00

 これは、90年代生まれの女性の自叙伝。多子家庭の貧困、名字によるいじめ、法輪功修煉で一家弾圧、拷問、監禁―。まだ20代の蒋煉嬌さんは、すでに苦の中の苦を体験してきた。

 2016年10月、信条の自由を求めて、蒋さんは中国を離れた。本稿は彼女のインタビューに基づいて整理・編集したもの。


 生みの親を知らない子供

 私は90年代生まれです。しかし私は生まれる前から危うく命を落としかけました。当時中国では一人っ子政策を実施していたので、計画外の私は生まれてはいけなかったのです。私の母親は妊娠中、ずっと監視されていました。私の父親は村の医者で、堕胎の仕事もしていました。その後、彼は病院の清掃員をするようになりました。子供を流してしまうのは道徳的ではないと思っていましたから。

 子供がふつう最初に口にするのは「パパ、ママ」ですが、私は小さい時にパパとママを知りませんでした。お父さんとお母さんがいることを知らなかったのです。私は生後一か月でおばあさんの家に預けられました。私がこの世にいることを他人に知られるのはまずかったのです。私の両親はしばしば私を見に来てくれて、おいしいものを持ってきてくれました。私はずっと両親のことを「おじさん、おばさん」と呼んでいました。私が全てを知るまで、両親は私にとって「おじさんとおばさん」だったのです。

 私の家には子供が5人いました。年上の2人の姉と兄がいて、私の下にはもう1人、妹がいました。2人目の姉も生まれてすぐに他人のもとに預けられ、今でも音信不通のままです。その後、私の家が子供を産みすぎたことを親戚に密告されました。私の存在が世間にばれてしまったので、両親は私を家に連れて帰りました。当局からは5000元の罰金を言い渡されました。相当な額です。母親が家にあった一分(一人民元の百分の一)の紙幣と硬貨をかき集め、ジュート製の大きな袋に詰めて役所に持っていきました。こうして私はやっと両親と暮らせるようになったのです。

 余談ですが、私たち家族は蒋介石とも関係があるのです。名字が蒋ですから。小さい頃、蒋という名字の人は共産党統治下でけっこうひどい目に遭いました。そのとき、蒋という名字だけで国民党と関係があるように思われていました。歴史の授業になると必ず蒋介石の話が出てきます。彼が革命の成果を横取りしたとか、反動的だとか、とにかくひどいものでした。今は当然ながら共産党の言い分は間違っていると分かりますが、当時はそんなことが分かるはずもありませんでした。女の子だったから、感情がすぐに顔に出てしまいます。蒋介石のことになると、わたしは恥ずかしくて仕方がありませんでした。しかし、私の兄だけは、ずっと蒋介石はいい人だ、と言っていました。蒋委員長はどういう人で、どのような功績があったかを私に話してくれました。良識のある兄を持ったものです。

 あの当時のことは、考えただけでも身震いしてしまいます。文化大革命の時も我が家は大きな損害を被りました。私のお父さんのお爺さん、つまりひいおじいさんは道教を信じていました。彼は風水など、いろいろな研究をしていました。しかし、彼は共産党から摘発され、とんがり帽子をかぶせられて集団で批判されました。多くの家族も批判集会に参加しました。私の父親はまだ子供だったので、共産党員に脅されて無理やり批判の言葉を言わされました。私の父親はこのことを滅多に口にしません。彼もつらいのでしょう。ごくたまにしか話さないのです。

 私のひいおじいさんはとてもおとなしい人だったので、自分の孫から批判されて、傷ついたと思います。普通の人であれば気が狂ってしまうでしょう。彼は臨終の時、修錬は迷信でも不思議なものでもない、本当のことだと言いました。その影響もあって、私の父は1997年から法輪功の修煉を始め、その影響で私の母も修煉を始めました。そして1998年に私は、両親に倣って、法輪功の修煉を始めました。当時、私は7歳でした。周りの大人たちはみな、私が座禅をしているときの姿が美しいと褒めてくれました。

関連記事
^