福岡市地下鉄工事 道路に大規模な陥没

2016/11/08 12:00

 8日午前5時15分頃、福岡市博多区のJR博多駅前の市道2カ所が突然陥没し、幅約10メートル、長さ約15メートルの大規模な穴が現れた。この影響で最大で周辺の800戸が停電した。負傷者はいないようだが、福岡市はすでに付近の建物の住民に対して避難勧告を出した。

 市の発表によると、2カ所の穴はその後、それぞれ徐々に広がって最終的につながり、幅27メートル、長さ約30メートルの大きな穴となった。

 福岡市交通局は午前10時からの記者会見で、道路の大規模な陥没は市営地下鉄の延伸工事が原因となったことを認め、謝罪した。交通局担当者によると、午前5時前後に工事現場のトンネル内で地下水が流入したため、作業を一時中断した直後に陥没が起きたという。

(翻訳編集・張哲)

 

^