中国臓器狩り

ドイツ議員らが提言 中国臓器狩り 6つの阻止策

2016/11/13 06:00

 米国議会と欧州議会は相次いで、中国で行われている生きた人間からの強制的臓器摘出に反対する決議を通過させた。ドイツのマーティン・パトゼルト議員と欧州議会のアルネ・ゲリッケ議員は今回の決議の重要性を示しつつ、この犯罪を停止させるためには、さらに実際の行動を起こす必要があると認識し、具体策を以下のように提言した。

引き続き中国政府へ圧力をかける

 パトゼルト議員は、「中国に圧力をかけることが重要だ」と述べ、米国議会や欧州議会のように、ドイツ議会も中国の臓器収奪に反対する決議を採択すべきだと述べた。

 またゲリッケ議員は、「今回の決議は、中国政府に我々がどういう考えを持っているのかを知らしめることができる。中国政府に(生きた人間からの強制的臓器摘出について)問いただすことには意義がある」との考えを示した。

移植技術を中国人医師に伝授しない

 法輪功への迫害を調査する国際組織「追査国際」の調査により、中国人移植医の多くがドイツで移植技術を習得していることが明らかになっている。またこうした中国人医師が、臓器収奪に関わっているという数々の証拠も見つかっている。

 議員は「これからも、中国人医師がドイツのどの医療機関で研修を受け、どこで臓器移植の技術を身に付けたのかを更に調査する必要があり、法律を改正してこうした行為を防止しなければならない。我々議員もまた、(中国人医師を受け入れている)組織に圧力をかける必要がある」と述べている。

臓器収奪に関与する人物の入国を禁止

 ベルリンでのフォーラムに参加したIT医療データ専門家のアルネ・シュワルツ氏は、米国では外国人が同国に入国する際、臓器収奪関与の有無を答えなければならないと述べ、ドイツでも同様のシステムを設けるべきだと提案した。

 またゲリッケ議員は「(追査国際の)調査結果により、(臓器収奪に関わった)一部の医師の氏名が明らかになっている。我々はこうしたデータを分析し、彼らの入国を阻止しなければならない」との認識を示した。

関連する製薬会社へ圧力をかける

関連特集

編集部からのおすすめ
関連記事
^