出版イベント

著者来日! 12月2日 『かつてなき邪悪な迫害』日本語版出版発表会のお知らせ

2016/11/14 14:00

 このたび、博大書店は『かつてなき邪悪な迫害』日本語版出版発表会を東京で開きます。同書は、中国共産党による法輪功迫害について研究する、世界19人の学者、政治家、医師、 弁護士らが、この大規模な迫害が人々の生き方に与えた影響を分析した論文を一冊にまとめたものです。

 発表会には、本書の著者である専門家4人が来日し、スピーチいたします。 お忙しいこととは存じますが、何卒ご来場頂きますよう、よろしくお願い申し上げます。

日時/場所
2016年12月2日 金曜日 10:00~12:00
ハロー貸会議室八重洲ファーストビル3F 東京都中央区日本橋3-4-12 八重洲ファーストビル3F

 書籍情報  「かつてなき邪悪な迫害 人類の善性を滅ぼすもの」 

編者: トルステン・トレイ/朱婉琪
「かつてなき邪悪な迫害」日本語翻訳チーム   
発売日:2016年12月2日
出版社:博大株式会社
価格: 1250円(税抜)
ISBN: 9784903105901
発売日以降、博大書店HPにてネット注文、或いは店頭購入を承ります。

タイムライン

10:00~10:10 開会挨拶、本の紹介 博大書店
10:10~12:00 著者スピーチ(記述順予定、逐次通訳付き)
朱婉琪弁護士/デービッド・マタス弁護士/黄士維医師/デービッド・キルガー元政府高官 
質疑応答 フリートーク
12:00 閉会

概要

 中国共産党は1989年、天安門広場で民主化運動を弾圧後、20世紀末から今日まで再び国民の精神的信仰を絶滅させる弾圧を始めた。その被害人口は1億人を超える。凄惨な迫害のなかでも、国家ぐるみで「良心の囚人」から臓器を強制摘出するという人道犯罪は、世界から即刻停止の声が絶え間なく上がっている。

 迫害はなぜ止まないのか。その根本的な原因を伝える為、2016年ノーベル平和賞候補「臓器の強制摘出に反対する医師団 (DAFOH)」代表であるトルステン・トレイ医師と、法輪功の人権活動家・朱婉琪弁護士は、同書を編纂した。

本書の内容

関連特集

関連記事
^