安倍首相「信頼できる指導者」 トランプ氏と会談 

2016/11/18 06:00

 安倍晋三首相は米国現地時間17日夕方(日本時間18日朝)、ニューヨークでトランプ次期大統領と会談した。トランプ・タワーにあるトランプ氏の自宅で約1時間半行われた。日本の首相として、就任前の次期大統領と会談を行うのは異例である。会談後、安倍首相は記者団に対して「率直に意見交換できた」「温かい雰囲気だった」「(日米の間に)信頼関係がなければ、日米同盟がその役割を果たせない。今日の会談結果でトランプ氏は信頼できる指導者と確信した」と述べた。

 また安部首相は非公式の会談であるため、会談内容の詳細について明かさなかったが「次回の会談ではより多くの課題に触れ、より詳しく意見交換するということで双方が合意した」と述べている。

 首相は19日からペルーで開催されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議への出発を1日早めて、ニューヨークを訪ねた。首相はトランプ氏が大統領選終了後に初めて会談する外国首脳となる。首相は出発前に「日米同盟は日本の外交と安全保障の基軸だ。信頼があって初めて同盟関係を維持していける」と発言した。また日本はトランプ氏が選挙中に、米軍駐在費用の負担増加を求めていくことや日本の「核保有容認」などを発言したことにも強く懸念した。

 トランプ氏の政治顧問はこのほどロイター通信に対して、トランプ氏は会談で首相に「太平洋地域の同盟国との長年の関係を今後も維持していくと保証するだろう」との見解を示した。

 また、選挙中トランプ陣営の選挙対策本部長を務めたケリーアン・コンウェイ氏は17日米メディア「CBS放送」に対して、今回の会談で、「両氏は駐在米軍費用問題を議論する可能性がある」としながら、「日米間の政策や関係についてのより深い議論はトランプ氏が大統領を就任してから行われる」と発言した。

(翻訳編集・張哲)

関連記事
^