「スーパー電池」充電数秒、寿命は数十年=米研究開発

2016/11/27 21:35

 充電時間がわずか数秒で、電池自体の寿命は10数年にも達するという「スーパー電池」が、このほど米国の科学者によって開発された。研究者らは、この電池が将来的に産業技術分野に大きく貢献するとして、今回の研究結果に自信のほどをのぞかせている。科学技術系ネットサイト、phys.orgが報じた。

 この電池は、極めて大きな電気容量と長い寿命を誇ることから、研究者から「スーパー電池」と名付けられた。

 この電池の研究で第一人者である、セントラルフロリダ大学ナノサイエンス・テクノロジーセンターのニティン・チョードハリー(choudhary)氏は、「この電池は、数秒間で携帯電話をフル充電することができ、その後1週間は充電が必要ない」と説明している。

 現在一般的に使われているリチウム電池は、充電回数が1500回を超えるか1年半ほど使用すると、明らかに性能が劣化する。だがこの新型電池の耐用年数は数10年にも達し、3万回の連続使用を行っても性能は変わらない。

 研究者らはこれまで、電池容量を増やすためにナノ材料をいかに活用するかという点について研究を重ねてきた。同大学の研究チームは新型の超薄型二次元素材を使ってスーパー電池を試作し、理想的な結果が得られたとしている。

 この新型スーパー電池は、長さわずか数ナノメートル(1ナノメートルは1メートルの10億分の1)の電線数100万本から作られ、極めて高い伝導性を備えているため、驚異的な速さの充放電を可能にした。

 研究チームは、この素材がエネルギー密度や出力密度、安定性といった点において、いずれも一般的なレベルをはるかに超えているうえ、柔軟性も兼ね備えているので、小型電子設備分野において高い将来性が見込まれ、産業技術分野にも大きな影響をもたらすと説明している。

 ただし現在のところ、このスーパー電池はまだ試作段階にあり、大量生産を実現するにはまだ一定の時間が必要だとしている。

(翻訳編集・島津彰浩)

編集部からのおすすめ
関連記事
^