「江派が政治的陰謀、クーデターを画策」習政権、元日に批判

2017/01/04 18:27

 習政権は元日、反対勢力である江沢民派の政治的陰謀があったことに触れ、厳しく批判した。 また、昨年10月に別の機関紙でも、江沢民派によるクーデター計画について一部公開し、首謀者とみられる周永康・前共産党政治局常務委員を名指しで猛烈に非難した。

 2017年元日、中国共産党機関誌「求是」は1月1日の評論記事で「周永康、薄熙来、郭伯雄、徐才康、令計画らは党中央が決定した政策を背向き、異を唱え、独断で『独立王国』を築こうとした。最後には政治的野心が膨れ上がり、政治的陰謀活動を行った」と厳しく非難した。

 また2016年10月、中央党校機関紙「学習時報」の評論記事では、周永康氏らは「経済上でも貪欲で、生活も堕落。うわべでは服従すると見せかけ、陰では私利のために徒党・派閥を作るなどの政治的陰謀活動を行い、党中央の権威に挑んだ」と名指しで痛烈に批判。初めて「政治的陰謀」の文言を使った。

 「求是」は12月に、党中央紀律検査委員会の王岐山・書記が中国人民政治協商会議第12期常務委員会の第18回会議での発言を掲載し、周永康氏らが党内「陰謀家」「野心家」と批判した。

2012年5月、北京でスピーチする周永康・前共産党政治局常務委員(当時)。2014年に汚職容疑で逮捕され失脚。無期懲役が確定している(STR/AFP/Getty Images)

評論家「クーデターは半公開、江沢民は裁きに直面」

関連特集

関連記事
^