法輪功「迫害停止して」中国大使館前で静かな訴え

2017/01/04 21:11

   2016年12月31日、大晦日の午後6時から午後11時の間、法輪功学習者50人余りは、東京六本木の中国大使館前で、中国政府による弾圧への抗議を行った。

 付近の公園に集まった参加者は10人づつ交代で、大使館正門前の道路沿いで無実を訴える横断幕を掲げて、シュプレヒコールなしの静かな訴えをつづけた。大半が中国出身者。

 毎年恒例のこの活動に参加した千葉県在住の日本人男性は「ここに立つのは10人と制限されているが、我々一人ひとりが冤罪を強いられ惨い死に方をした大勢の声を代弁している」と言葉をつまらせた。

 伝統気功である法輪功は1992年から中国全土でひろがり、当時の学習者は1億人とも言われた。99年、当時の江沢民体制は不法組織として取り締りを開始、以来およそ17年間弾圧が続いている。

 法輪功側の主張では、刑務所などに不法拘禁されている学習者は数百万人規模とみられ、それらの大勢の法輪功学習者は秘密裏に生きたまま臓器を摘出され、その臓器は移植用に売買されているという。犠牲者は臓器を奪われた後、火葬されて闇に葬られる。そのような行方不明者が未だに後を絶たない。

(文・叶子)

関連特集

編集部からのおすすめ
関連記事
^