冬の乾燥肌を改善 自宅でできる5つのコツ

2017年01月22日 07時00分

 肌がカサカサして乾燥する冬。米医学と科学専門のウェブサイト「Medical Daily」が自宅でできる乾燥肌の改善方法を紹介しています。

 お風呂の入り方をちょっと変える

 長時間にわたって熱いお湯に浸かると皮膚の油脂が少なくなり、肌が乾燥してしまいます。お風呂の時間を短くして、ぬるま湯を使いましょう。また、お風呂上がりは、肌にまだ湿気が残っているうちに、ボディークリームを塗って肌の表面の水分を保ちます。

 帽子、マフラー、手袋などで肌を守る

 外出時は帽子、マフラー、手袋などでしっかりと肌を防御。肌の露出部分を少なくし、保湿効果を高めます。

 適切な食材を選ぶこと

 アボカド、さつま芋、魚など、肌の乾燥を改善する食材を多く摂りましょう。

 ビタミンEも選択肢の一つ

 ビタミンEは抗酸化作用と炎症を抑える作用があり、紫外線から肌を守ります。栄養補助食品としてビタミンEを内服することも選択肢の一つです。

(翻訳編集・潤)

 

関連キーワード
^