「釜山と中国のために…」中国大使館が芸術公演を妨害 見える中国共産党の本質

2017年01月18日 10時00分

 駐韓中国大使館の脅迫により、韓国で開演予定の文化芸術の公演が突如、中止となった。背後には、中国領事館からの圧力があったとみられている。

 今回、開演を妨害された、世界巡回ツアーを展開する「神韻芸術団」の公演について、中国大使館は世界各地でたびたび、妨害をしている。今回は公演会場が中国大使館の要求を断っただけでなく、その劣悪な手法が暴露され、中国共産党の醜悪な一面を世間に晒すことになった。

伝統文化の復興を畏れる中国共産党

 神韻公演を主催した公演企画会社「釜山文化」は神韻芸術団を韓国に招致し、2月10日から12日にかけて釜山文化会館の大劇場で公演を開く契約を劇場側と結んだ。しかし1月4日、釜山文化会館は釜山駐在中国領事館から「中韓関係の健康な発展、釜山と中国の友好協力のために、神韻公演団に会場を提供しないように」と記された一通の文書を受け取った。

釜山駐在中国領事館が釜山文化会館に送った公文書
(大紀元)

 神韻芸術団は華人芸術家たちを中心に、中国共産党が主導してきた「文化大革命」をはじめとする政治運動により徹底的に破壊された中華五千年の伝統文化の復興を目指して、アメリカ・ニューヨークで設立された非営利芸術団体。

 神韻は中国五千年の歴史で生み出された様々な神話や伝説、歴史物語などを中国古典舞踊と音楽の形式を用いて舞台上で表現し、天をあがめ尊び自然に従って人間の道徳性を強調する中国古来の価値観を世界に発信している。

 パク・フンジュ釜山文化代表は「今まで神韻公演を何回もみて感動し、公演企画者として釜山に芸術団を招請した」と述べ、「一外国領事が公文書だけを送って、世界的な芸術公演を中止させるなど、あっていいことのなのか」と強い不満を表した。 

 神韻公演のプログラム中には、中国共産党による法輪功迫害をとりあげた演目が含まれている。一切、中国メディアが報じることのない迫害が周知されることを恐れる中国共産党は、在外公館を通じて、神韻芸術団や公演劇場を脅迫したり、妨害したりしてきた。

 2016年5月、公演が予定されていたソウルKBS(韓国放送公社)ホールが中国大使館から脅迫的な文書を送られた後、突然、公演はキャンセルされた。

 神韻公演の契約を取り消したKBS側は、以降、中国当局の「限韓令(リンク)」によってコンテンツ輸出路を断たれ、大きな経済的損失を被っており、中国大使館からの要求を受け入れても、損失をもたらすことになった。

中国の情勢変化を見極めることが大切だ

^