子供と一緒に読める

【二十四孝】曽参(そうしん)の親孝行

2017/02/24 07:00
(ネット写真)
 春秋時代、曽參(そうしん)という人がいました。彼は非常に親孝行で、いつも両親の好みに合わせて食事を作っていました。曽參の父親が亡くなると、曽參は羊棗(やんつぁう、柿の一種)を二度と口にしなくなりました。曽參の父親が大好物だったからです。...
続きを読む
^