<コラム>

台湾人の驚き!コウさんのニッポン発見 日本と台湾の臭い話

2017年02月25日 06時00分

 台湾の名物「夜市」。夜市には屋台が所狭しと並び、台湾の様々なB級グルメを味わうことができます。夜市に行ったことのある日本人なら、必ずこう言うでしょう。「臭豆腐(チョウドウフ)」は臭すぎて無理! 「臭豆腐」の屋台に近づくにつれて、臭いにおいが漂ってきます。

 「臭豆腐」なんて臭い物、何で台湾人は食べるの? と思うかもしれませんが、台湾人は「臭豆腐」が大好きです。確かににおいは臭いかもしれませんが、食べてみると本当においしいのです。臭豆腐は二種類の食べ方があり、夜市では臭豆腐を揚げて、キャベツのピクルスのような甘酸っぱい漬物と一緒に食べます。

 私は臭豆腐が「臭い臭い」と言っている日本人を初めて見た時、びっくりしました! 日本人はあんなに臭い納豆をおいしそうに食べているのに、なんで臭豆腐は食べられないの?

 初めて納豆を食べた時、臭いのを我慢して口に入れましたが、コーヒー豆のような渋い味がして、とても食べられませんでした。食の文化の違いがこんな所にもありました。

 揚げた臭豆腐が食べられない人は、臭豆腐火鍋(ホルモン臭臭鍋)がオススメです。あまり臭くなく、スープはピリ辛の味でどんどん食べたくなりますよ。

(文・コウ)

関連キーワード
^