名人の逸話

コーヒーミルからひらめき シューベルトの作曲エピソード

2017/03/16 07:00
シューベルトの曲風は活発で明るく、悲しみはほんの少し。聴く人は穏やかさと喜びを感じる(ネット写真)
 オーストリア出身の作曲家フランツ・ペーター・シューベルト(Franz Peter Schubert、1797−1828)。「軍隊行進曲」のような活発で明るい作風で有名ですが、よく耳にする「アヴェマリア」「セレナーデ」のほかミサ曲など、ソフトな名曲も多く残しています。彼の作曲について面白いエピソードがあります。...
続きを読む
^