【エッセイ】蕎麦 ー江戸庶民のファストフード  

2017/03/19 07:00
(ネット写真)
 現在の蕎麦は、店屋物で頼む「年越し蕎麦」だけでなく、サラリーマン戦士が早朝にかき込む「駅そば」、更にはお湯を入れて三分でできる「カップ麺の蕎麦」等、現在では形が様々に変化したが、落語の「時そば」に見られる様に、日本の庶民、殊に関東の人々にとっては江戸時代から続く300年の伝統の味なのである。...
続きを読む
^