中国女子の養子縁組

生みの親に会いたい…中国系米女子大生、祖国への旅

2017/04/01 06:00

 中国で捨てられ、現在は米国家族の養子となり米イェール大学で学ぶ20歳の女子大生。生みの親を探すため中国を旅した。そこでは米国とは異なる中国「一人っ子政策」の弊害、中国の家族たちの苦しみを目の当たりにすることになる。英BBC放送が3月24日に報じた。

 報道によると、ジェナさんは1992年3月24日に武漢市内のバスターミナル付近に捨てられていたところを発見され、同市内の児童養育施設に送られた。施設では「夏華思」と名付けられ、便宜上の「誕生日」が決定された。

 中国には正式な養子縁組制度がなかったが、幸運なことに92年に法律が制定され、外国人が中国人の子どもを養子にもらい受けることができるようになった。92年6月、「夏華思」ちゃんは米国で小学校の教員を務めていたマーガレット・クックさんに引き取られ、新たに「ジェナ」と名付けられた。

 この年、養子縁組で中国から渡米した中国人の子どもは200人。そのうちの1人がジェナだった。以来、米国人に引き取られた中国人の子どもは8万人に上り、そのほとんどが女の子。米国以外でも、4万人がオランダやスペイン、英国などの家庭に引き取られている。

 物心ついた時には、ジェナは自分が養女であることを知っていた。「私は親から捨てられたのだろうか? 自分が何か悪いことをしてしまったからだろうか?」。

 ジェナには姉がいたが、姉もまた中国からの養女だった。周囲と違い、アジア人の容姿を持つ姉妹に対し、母親のマーガレットさんは中国語を習わせたり、同じく養子縁組した家庭の子供たちと交流したりして、できる限り中国文化に触れさせようと心を砕いた。

学術プロジェクトで中国へ親探し

 中学生の時、ジェナは受賞したドキュメンタリー映画『Somewhere between(中国語タイトル:中間地帯)』の主人公の1人に選ばれた。この映画は中国で生まれたものの、女の子であるがゆえに親から捨てられ、米国人家庭に引き取られた4人の女の子の生活を追ったもの。監督のリンダ・ゴールドステイン・ノールトンさんもまた中国人の養女を持つ母親で、娘へのプレゼントとしてこの映画を撮影したという。

 20歳になった大学生のジェナに、ある学術プロジェクト資金が提供されることになった。その資金で中国へ渡航して生みの親を探せることになった彼女は、自身の親探しの旅が、米国に住む8万人の養子縁組をした子女たちの助けになればと願っていた。

地元紙が「親探しの旅」報道 SNSで情報拡散 

編集部からのおすすめ
関連記事
^