危険を顧みない

【二十四孝】鹿の乳を搾り取る息子

2017/04/03 07:00
(David Stanley/Flickr)
 春秋の時代、郯子(たんし)という若者がいました。彼は年老いた両親と暮らし、心を尽くして彼らの世話をしていました。両親は共に目を患っており、郯子はとても気になっていました。しかし、彼はいつも「ご安心ください。必ず何とかします」と言って、両親を慰めました。...
続きを読む
^