米との良好関係を求める事情

習近平政権、米中首脳会談をいそぐ理由(2)

2017年04月08日 06時00分

「19大」を控える習近平政権は安定した米中関係を必要とする

 今年秋に中国共産党は第19回全国代表大会(19大)を開催し、最高指導部である中央政治局常務委員会の常務委員などを含む重要な人事の選出が予定されている。

 党内の諸問題を解決する前に、習近平陣営はまず米国と如何に良好な関係を築いていくかが重要になってくる。米中関係が良好となれば、習氏が党内問題に着手する余裕が出てくるとみる。

  少なくとも以下2つの理由で、習政権は今後長い間に米国と良好な関係を築く必要がある。▼党内江沢民派閥と北朝鮮金正恩政権との関係を断ち切らせること、▼香港での曽慶紅勢力を弱体化させることだ。

 前者の江派と北朝鮮政権について、内部告発サイトのウィキリークスが2010年に公開した資料によれば、中国の銭其琛・元副首相(在任期間1993~2003年)の部下は米国政府に、北朝鮮金政権は核兵器を保有しておらず、すべては中国当局が北朝鮮で密かに配備したものだとの情報を流した。その目的は、米国の台湾への影響力を弱めるためだったという。

 米自由アジア放送は、1989年「天安門事件」以降に、北朝鮮に一定の数量の濃縮ウランの提供を最初承認したのは当時最高指導者の鄧小平だったと報じた。

 江沢民が「天安門事件」の後、鄧小平の抜擢で1989年党総書記に就任し、まず訪問したのは北朝鮮だ。以来、党内江沢民派閥核心人物の周永康、曽慶紅などは北朝鮮を訪問し、金政権と親密な協力関係をアピールしてきた。

 江派閥が北朝鮮出身の核技術者を育て、金政権に核武器に必要な物資や技術や技術者を与えてきた。

 周永康や曽慶紅ら親族が中国の石油業界を牛耳ってきた。そのため、毎年中国が北朝鮮に毎年大量の石油を供給することができた。北朝鮮と国境を接する遼寧省トップで同じく江派閥人員の王珉・前省党委員会書記も、北朝鮮との国境貿易を担当。昨年9月に発覚された遼寧省貿易会社、遼寧丹東鴻祥公司の女性創業者が北朝鮮に対して核武器製造に必要な物資を密輸した事件でも、王珉らの江派閥人員が背後で指示したとみられる。

 習近平陣営が、党中央及び東北地域などの江派閥勢力を一掃する時には、中国当局が北朝鮮との関係を断ち切ることにもなるが、その勢力を完全に打倒するまでまだ時間がかかりそうだ。習陣営がそれに集中できるように、米中関係のぎくしゃくを避け、関係の安定化は不可欠だとみられる。

 良好な米中関係が必要である2つ目の理由は、香港での曽慶紅勢力を弱体化させるためだ。 

3月26日特別長官選挙を控え、集合写真を撮影する3人の候補者。中央に立つ女性が上海閥の林鄭月娥氏(DALE DE LA REY/AFP/Getty Images)

関連特集

^