中国大手、海外企業買収を相次ぎ中止 当局が規制強化か

2017/04/20 12:00
電気自動車メーカー、インターネット事業など多角的な事業をもつ中国大手の楽視グループ(LeEco)は米大手テレビメーカーのビジオ(Vizio)社の買収を取りやめると発表した。そこには中国共産党政権による厳しく規制がある(Ethan Miller/Getty Images)
 多角的な事業をもつ中国大手の楽視クループ(LeEco)はこのほど、米大手テレビメーカーのビジオ(Vizio)社の買収を取りやめると発表した。中国共産党政権が国外投資を厳しく規制していることが主な原因だとみられる。専門家は今年、中国企業の対外投資は低迷期に入ると予測した。...
続きを読む
^