銀⑥事変。2017/04/20勃発。

キモノデザイナー JOTARO SAITO フラッグショップがGINZA SIX 4Fにオープン!

2017年04月20日 05時10分

JOTARO SAITOはこれまで「最新の伝統」をテーマにクリエイションし続けてきました。
そして東京オリンピックを転機として、美意識や価値観がリロードされ、次世代向けのカルチャーや文化、伝統がより一層の進化を求められています。
その進化こそ「最新の伝統」、「伝統こそ最新」という本来のモノ創りの精神に溢れたプロダクトです。
リロードされた新しい文化や伝統こそが日本の最新、世界の最新であるコトをJOTARO SAITO GINZA SIXから発信いたします。
 
JOTARO SAITO GINZA SIX店では「伝統こそ最新」をテーマに、新しい価値観と美意識で生まれたJOTAROキモノやその周辺アイテムとバックや小物などを展開いたします。

店舗内装
berlina.co.jp


店舗設計はインテリアデザイナー樋口泰輔氏(ベルリーナ)によるもので、斉藤上太郎とのコラボレーションは必見です。
空間コンセプトは「JOTARO BAROQUE」。
斉藤上太郎デザインの西陣織で製作されたテキスタイルの壁天井に銅板で構成したスチームパンク的なディテールです。木工職人が組んだ象嵌フローリングとモルタル、カーペットを組み合わせ、洋風和風にとらわれないエクレクティシズム(折衷)な空間となります。カフェは漆黒のバーの様に、墨の滲みや紫のグラデーション染色を施した色気のあるカウンターでスイーツを引き立たせます。テーブル席壁面は銀座の空をイメージした織物に蹴鞠イメージの木工格子を組み合わせました。
 
また今回の新店舗での最大のトピックスとして初のスイーツカフェが併設されます。スイーツカフェ店内では、JOTAROオリジナルのスイーツプレートはじめ、ショップ限定販売のアイスバーやチョコレート(テイクアウトのみ)も発売いたします。こだわりのアイスバーは新しいおもたせとしてもぴったりのス
イーツです。キモノアイテム、カフェメニューともJOTARO  SAITOらしさを追求した個性的で独創的なプロダクトはいつの時代でも最新の情報を提供する銀座の新名所になるでしょう。

 

JOTARO SAITO キモノ
デザイナー斉藤上太郎は「伝統こそ最新」をテーマにリアルクローズとしてのキモノを発信し続けています。東京オリンピックを機に世界中の「最新」が東京に集まりつつある中で、ルーツの残る日本でこそ伝統的なモノやコトは世界に誇れる新しい文化となってゆくと考えています。そしてキモノはオトナの御召し物であり、伝統と最新のさじ加減が必要です。

代々京都を代表する染色家一家である斉藤家は、元来イノベイター家系譜であり伝統や文化が新しくリロードされる瞬間を銀座から生み出そうとしています。
 
キモノ、帯をはじめ、襦袢,帯締めや帯揚げの和装小物、足袋、草履や下駄、浴衣などフルアイテムを販売します。移りゆく美意識や価値観で製作されたアイテムは最新のキモノスタイリングを発信いたします。
 
また、大評判の異素材使いのキモノはデニム素材やジャージー素材で製作されており、プレーンタイプや染や刺繍加工を加えたタイプなど幅広いラインナップから選べるようになったのも銀座店の特徴です。正絹のキモノ、異素材使いのキモノともメンズ、レディスの展開となっておりエントリーモデルとしても重要な役割を果たします。

<メンズ>キモノ:木立柄ジャージー素材 参考商品  帯:正絹唐花柄角帯 ¥98,000
<レディス>キモノ:半面絣にレース柄 ¥530,000(仕立上り価格) 帯:囲み縞にミック
ス更紗染袋帯 ¥498,000(仕立上り価格) 帯締め:5本縞組紐 ¥28,000 帯揚げ:
金糸織暈し ¥28,000 半襟:レース半襟 ¥7,800 バッグ:唐草ピンク¥78,000
<レディス>キモノ:手描き京友禅「半面子持縞に花群れ」
GINZA SIX出店記念特別作品 ¥2,030,000(仕立上り価格) 帯:菱唐草袋帯
¥198,000 帯締め:5本縞組紐 ¥28,000 帯揚げ:金糸織暈し ¥28,000 半襟:レース半襟 ¥7,800

次ページ > JOTARO SAITO  SWEETS&CAFÉ

関連キーワード

関連特集

^