救出劇

生きたまま埋められたタイの赤ちゃん発見 回復してスウェーデン夫婦の養子に

2017/04/20 12:24

 第一発見者は、何か動物が埋葬されているのかと思ったという。このたびタイで、身体に14カ所もの切り傷を負った赤ちゃんが、牧草地に生きたまま埋められているのを、農民が発見し救出した。赤ちゃんは健康状態を戻し、今はスウェーデンの夫婦が養子にとる計画が立てられている。

 土のなかから泣き声が聞こえる。タイの農業労働者カチット・クルニャット(Kachit Krongyut、53)さんは、牛を放牧するために牧草地に来たとき、赤ちゃんの声を聞いた。

虐待され土の中に生きたまま埋められたアイディン
ちゃん。救出され、病院で手当を受ける様子
(Exclusivepix Media)
 

 地上にわずかに突き出ている足を見て、はじめ、カチットさんは動物が埋められているだ考えた。穴は、ごく最近に掘られたもののようだった。

 「赤ちゃんは顔が下になるように埋められていた」とカチットさんは現地メディアに語った。約20cmの深さの穴から赤ちゃんを救い出すと、全身に刃物で切りつけたような傷があり、「親は貧しさのために捨てたのだろう」と感じたという。

 赤ちゃんは男の子で、アイディンと命名された。搬送先のワンガイ病院で診察した医師によると、身体の傷には古いものから新しいものまで14カ所もの切り傷があり、アイディンちゃんは長い間虐待を受けていたと推測している。

 伝えられるところによると、現地警察当局は母親(42)を殺人未遂と育児放棄の疑いで起訴した。

 アイディンちゃんの健康状態は回復し、孤児院で保護されている。報道によると、まもなく、スウェーデンの夫婦に養子縁組を結ぶという。

 キーン・トン(Kaen Thong)孤児院のスパチャイ・パチムチャート(Supachai Pathimchart)さんは、「アイディンちゃんが良心的な家庭で面倒を見てもらえるよう、安全性の確認が行われた。辛い状況から生きながらえたけれど、とても良い性格の子」と述べた。

(翻訳編集・佐渡 道世)

新着記事
^